スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
更新一時停止

諸事情により、しばらく更新を停止します。
年内に復活したいと思いますが、元の更新頻度に戻れるのは少し先かと思います。
取り急ぎご報告まで。

| diary | comments(0) | trackbacks(0)
放課後保健室 5~7

●5巻あらすじ:
「もうお前に興味はない」と蒼に言われ、ショックを受ける真白だけど…!?
思春期ダーク・ファンタジー!!

5巻をようやく入手。
続きを読み始める。

男女どちらかで生きるか揺れる主人公、
トラウマを抱えた学生たちが放課後保健室で夢の中で戦う設定。

少しずつ見えてきたものもあるけど、
そもそも扉の向こうはなんやねん、とじれつつある。
ある程度予想はしつつ・・・・・・・・・・。
そんなトンデモ展開くるのかな?


●6巻あらすじ:
「紅葉(くれは)を卒業させてあげたい」と心から願う真白。けれど、2人の気持ちは少しずつすれ違い出して…?
思春期ダーク・ファンタジー!!


放課後のゲームを続けて3回休むとそんなことが!という新展開。
少しずつ夢の中のキャラクターが暴かれて卒業して、
残った人々の関係も変化していく。

ああー。これをなんとなく絵で耽美なボーイズラブと思っていた自分を反省。


●7巻あらすじ:
真白(ましろ)に別れを告げた紅葉(くれは)。蒼(そう)は気丈に振る舞おうとする紅葉を気遣い、やがて2人は親密になっていく。それを見た真白は!? 

時々出てくる黒い月のモチーフ、
卒業すると記憶まで消えるという設定、
という世界設定の謎ときと、
蒼のトラウマ問題が一番の関心どころ。

あとは要所要所で出てくるキャラクターたちの内面描写も好き。

主人公の恋愛は・・・・かなりどうでもいいかも・・・・・・。

とりあえず、面白い。
こういう可愛くて残酷で不思議なのは、少女マンガならではだと思う!
おすすめ。





| books | comments(0) | trackbacks(0)
舟を編む
評価:
三浦 しをん
光文社
¥ 1,575
(2011-09-17)

あらすじ:
玄武書房に勤める馬締光也。営業部では変人として持て余されていたが、人とは違う視点で言葉を捉える馬締は、辞書編集部に迎えられる。新しい辞書『大渡海』を編む仲間として。定年間近のベテラン編集者、日本語研究に人生を捧げる老学者、徐々に辞書に愛情を持ち始めるチャラ男、そして出会った運命の女性。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく―。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか―。

辞書作りをする男たちのお仕事小説。
ああ、面白かった!
三浦さんの「何かに情熱を傾けざるを得ない性癖を持った人々のお話」は好きだな!

単純に仕事をがんばるぞ、うおーという話ではなく、
お金は発生しなくてもやってるんじゃないかと思える、
本人にも家族や恋人にもどうしようもない癖のような
そういう熱を一点集中させる感じが好きだ。

冲方さんの『天地明察』あたりが好きな方におすすめ。
時代は大分違うけど。
その他、お仕事小説、青春スポーツ小説好きの人も、
わりと求めるところに近い読後感が得られるかと。

| books | comments(0) | trackbacks(0)
レイジ
評価:
誉田 哲也
文藝春秋
¥ 1,550
(2011-07-13)

あらすじ:
音楽の才能は普通だが、世渡り上手なワタル。才能に恵まれるも、孤独に苦しみ続ける礼二。少年から大人へ―男たちのロック魂が交差する音楽青春エンターテインメント。

冒頭を読んで、「おお、学園バンドもの?」と思ったらあっさり学園編が終わって驚いた。
読みやすくて、一気に最後までいったけど、
いまひとつぐっと胸に来ないのはなんでだろう?
面白いかどうかでいえば、面白いとは思うしなあ・・・。

レイジというキャラクターにあまり好感を持てなかったことが原因かな?
でも、嫌いってほどでもないし。
美少女同級生にはもう少し振り切れたキャラであってほしい気もするけど・・・
それだとキャラ小説になりすぎて駄目か・・・・。

| books | comments(0) | trackbacks(0)
夫の彼女
評価:
垣谷 美雨
双葉社
¥ 1,470
(2011-04-20)

あらすじ:
夫(42)の浮気を疑った妻(39)が、相手の女性(20)に会いに行く。言い争っていると、突然現れた老婆が、物事は相手の立場になって考えることが大切、と言い、ふたりを入れ替えてしまう。確かに相手の立場にはなったけれど、この先、どうやって生きていけばいいの!?書き下ろし長編if小説。

人格入れ替わりもの。
今回はガラの悪い若い女子と40歳主婦。
非常に読みやすい、エンタメ!というジャンルのお話だったな〜。

まずいパスタソース会社の営業はきついな、というのが一番の感想。
大筋とは関係ないけど。

入れ替わり後の生活、特に主婦側の会社でのパートをもっとしっかり読んでみたかったな〜。

| books | comments(0) | trackbacks(0)
回転翼の天使

あらすじ:
大手航空会社で「空の女」を夢見ていた夏川伊吹がかろうじて就職できたのは、地元の弱小ヘリ会社「ジュエルボックス・ナビゲイター」社。そこで待っていたのは地べた九割・空一割の雑用の日々だった!果たして伊吹の空への憧れはかなう日は来るのだろうか?「イカロスの誕生日」で話題を読んだ新鋭SF作家、小川一水が書くヘリコプター冒険小説、書き下ろし。

ヘリコプターを軸に据えた小説は初めて読んだな〜〜〜。
自衛隊の航空小説は何度か読んだけど、
ネタとしては救助ヘリというこちらの方が好み。
もう少し、硬派な小川さんで読みたかったけど・・・。

| books | comments(0) | trackbacks(0)
五龍世界II
評価:
壁井ユカコ
ポプラ社
¥ 1,575
(2011-08-05)

あらすじ:
五頭の龍が眠るといわれる五龍大陸。
中央にそびえる霊峰・崑崙山を五つの州都が取り囲む。
西域や極東との交流もあり、文明は発展の途上。
その土地で、さまざまな想いを抱き、交錯しながら生きていく人々の物語──。
壮大な長編中華ファンタジー、待望の続編!

五龍州に暮らし、1巻の主人公ユギの親友で妖艶な美女、妓女・碧耀は、都の良人のもとに落籍されていく途中、山賊に襲われる。
極東勢力が鉱山を拓き進出しているその土地でで出会ったのは、意外な人物。
時代と世界観が広がりを見せ、大きな展開を予感させる第2巻です。


意外と近代な中華風ファンタジーの第2巻。
前回わき役だった妓楼の女の子が身請けの途中にトラブルに巻き込まれて、
というスタートからノンストップで読めた。
主人公としては、ユギという少女より彼女の方が好きかも。

女の子の成長ストーリーでもあるので、
覚悟を決める瞬間まではじりじりもしたけど・・・
そういうはがゆさが成長ものの快感を後に引き出すわけだし。

ライトノベルの読者層でも読みやすいし、
YAファンタジー好きにはちょうどよい雰囲気ではないかなと。

超絶絶賛とはいかないけれど、天山の巫女ソニンシリーズよりは躍動感あり。
いや、ソニンの児童書ファンタジーらしい雰囲気も好きだけど。

ただ、まだ陰謀野望はあまりはばをきかしていないので
もっと中央の政治的争いがからめばいいのにと思っている。

そういうドロドロの中でもみくちゃにされてへこたれても
最後は這い上がる、タフな少女の話が大好きだ。

ちゅうか、、、ソニンシリーズが講談社ノベルスから出てる!
読者層が広がるといいな。

| books | comments(0) | trackbacks(0)
悪人/チルドレン/マルドゥック・スクランブル
評価:
伊坂幸太郎,後藤法子
WOWOW
¥ 1,999
(2007-02-02)

評価:
鈴木信吾,中井準,冲方丁,冲方丁,GoHands
キングレコード
¥ 4,305
(2011-08-24)

3連休に見た映画。

◆悪人
あらすじ:
吉田修一のベストセラー小説を、妻夫木聡と深津絵里主演で映画化。孤独な魂を抱えたふたりの男女、清水祐一と馬込光代は偶然の出会いから愛し合うが、祐一には光代に話していないある秘密があった。

妻夫木くんのださい金髪が映画の雰囲気に合っていてよかった。
特別彼のファンというわけではないけど。

田舎の閉塞感が伝わりやすい色合いの季節に撮影されてたな。
春夏は空や田圃がもっと青々していて、
それがバックに流れていたら雰囲気が薄まっただろう。

ただ、彼の人物像いついては2時間で描き切れなかったかも。
想像はできるけど、母親からお金をせびった理由が
実際にお金が必要だったのか、
それともせびることで母親の罪悪感を減らそうという思いやりなのか?
おそらく後者だろうけど、そういう唐突感が全体的にあったかと。


◆チルドレン
あらすじ:
WOWOWで放映後、劇場公開が決定した、伊坂幸太郎原作のサスペンスエンタテインメント。軽罪を犯したイマドキの子供たちを相手に、誠実に向き合う家庭裁判所の調査官がある事件に巻き込まれていく。源孝志監督、坂口憲二主演作。


坂口憲二の真面目なヘタレ役がかわいかった。
それに尽きる。
あ、足速いな、とも思った。

大森さんは役者バカ全開でよかった。
「ゆうしょう〜!」のシーンが好き。

三浦くんはブレザー着て自転車飛ばしてる役のイメージが強い。
大人になる過程でどうばけるだろう?
顔はあまり好みでない。

加瀬亮の役はなんだったんだろう?
もう少し役があれば見せ場があったのかな。
ちょこっと出てきて推理を披露するだけで肩透かし。

なんというか、もう少し長くTVシリーズで見てみたいような作品。
おもしろかったけど、物足りない・・・


◆マルドゥック・スクランブル
あらすじ:
冲方丁の日本SF大賞受賞作を元にした劇場版アニメ3部作の第1弾。緊急法令“マルドゥック・スクランブル-09”により命を救われた少女娼婦・バロット。彼女は自分を亡き者にしようとした男の犯罪を暴こうと立ち上がる。完全版本編を収録。


映像がこのみじゃなかった。
つまりはそういうことかも。
キャラクターデザイン、アクション演出、どれもぴんとこなかったな。
残念。

あ、ウフコックかわいかった。
八嶋さんってわからなかったけど。。。

| movie&TV | comments(0) | trackbacks(0)
緑ヶ丘小学校大運動会
評価:
森谷 明子
祥伝社
¥ 1,785
(2009-07-10)

あらすじ:
運動会の朝、マサルは学校で薬のパッケージを見つける。殺人の証拠だと考え、それを隠しておくことに。一方、父親はドラッグが出回っていることを嗅ぎつける。プログラムが進行するにつれ、明らかになる大人の思惑と、膨らんでゆく子供たちの想像。そして意外な真実! 運動会の一日を舞台にした技巧冴え渡る長編ミステリー。


小学校が舞台の学園ミステリってあまり見ないな。
子供視点と親視点がころころ変わるものの
さほど混乱することなく楽しく読めた。

作者の森谷さんは、あまり作品数はないけど
基本はずれがないので安心してt読める作家さんの一人。

れんげ野原のまんなかで(図書館ミステリ)
矢上教授の午後(大学ミステリ)
あたりも読みやすくてよいかと。

| books | comments(0) | trackbacks(0)
チロル、プリーズ
評価:
片川 優子
講談社
¥ 1,470
(2011-07-27)

あらすじ:
現役大学生作家が受験生の恋愛と友情を描く高3になったチャコは、親友の突然の結婚宣言にうろたえたりする中、予備校で犬顔の男の子ポンちゃんに出会う。最初は恋愛対象として意識してなかったけれど……

おもしろい受験生小説だった。
現役大学生だけあって、せりふ回しに
無理して若者言葉を使っている感じがないのもいい。

才色兼備でしっかりものの友人を持つ、
普通の女の子が、受験や恋愛に右往左往するお話。
ちょっと恋愛部分の公判が私には甘く感じたけど、
うん、でも、いい子だ、ぽんちゃん。

あらすじと表紙を見て気になった方は
その期待のまま読んでもいいと思う。
なかなかおすすめ。

ついでに、作品内で話題の「ジョナさん」は
以前に本になっているので気になった人はそちらも。

片川さんが気に入ったぞ、という方には
『動物学科空手道部一年高田トモ』をおすすめ。

| books | comments(0) | trackbacks(0)

The Samantha Times

不定期に更新中の読書感想ブログです。

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
船に乗れ!〈1〉合奏と協奏
船に乗れ!〈1〉合奏と協奏 (JUGEMレビュー »)
藤谷 治
音楽青春小説。主人公の性格、2巻〜の音楽面以外での展開が好き嫌いの分かれ目かも。
村田エフェンディ滞土録 (角川文庫)
村田エフェンディ滞土録 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
梨木 香歩
異国で生活を書いた青春小説。淡々とした文がよりぐっとくる1冊。じわじわ好きになった。
霧のむこうのふしぎな町 新装版 (講談社文庫)
霧のむこうのふしぎな町 新装版 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
柏葉 幸子
『千と千尋の神隠し』の原作とも言われる児童文学ファンタジーの名作。小さいころから大好き。
西の善き魔女〈1〉旅立ちの巻
西の善き魔女〈1〉旅立ちの巻 (JUGEMレビュー »)
荻原 規子
荻原さんの異世界ファンタジー。お姫様あり、冒険あり、学園ものあり、世界の謎あり。ツボをつくまくる要素てんこもりなのに、おなかいっぱいにならずに楽しめるのはさすが。おすすめ。
うさぎドロップ (1) (FC (380))
うさぎドロップ (1) (FC (380)) (JUGEMレビュー »)
宇仁田 ゆみ
独身男性の家に女の子がやってくるお話。幼少編が最高だと思っていたら、高校編もぐっと面白みを増した今日この頃。
闇の守り人 (新潮文庫)
闇の守り人 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子
児童文学というくくりではなく、国内ファンタジーとしても最高峰ではないかと思う守り人シリーズ。父ジグロのエピソードが多く語られるこの巻が特に好き。
風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート (JUGEMレビュー »)
小野 不由美
ライトノベルという枠に押し込めるのはもったいない十二国記。中でも、女子3人が奮闘するこのお話が好き。責任、義務、権利、欲、勇気。筋を通す女子って格好いいと子供心に思ったけれど、それは今も変わらない。冊数が多いけど、全ておすすめ。
なんて素敵にジャパネスク (コバルト文庫)
なんて素敵にジャパネスク (コバルト文庫) (JUGEMレビュー »)
氷室 冴子
自分のお小遣いで初めて買った文庫本がこれ。平安時代が舞台のどたばたラブコメ。大好きだったなあ。
帝国の娘〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫)
帝国の娘〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫) (JUGEMレビュー »)
須賀 しのぶ
少女小説とは思えないハードな展開が続く大陸ファンタジー。めげても折れても一歩進み続ける主人公女子がすごい。須賀さん、大好きです。おすすめ。
チャリオンの影 上 (創元推理文庫)
チャリオンの影 上 (創元推理文庫) (JUGEMレビュー »)
ロイス・マクマスター・ビジョルド,鍛治 靖子
海外文学はあまり読まないけれど、これは楽しかった!お姫様の出てくる正統派ファンタジーなのに、個性的なキャラで他にないお話に。
放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)
放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
茅田 砂胡
陰謀野望ありの大陸ファンタジー。個性的なキャラクター、ダイナミックな展開、こういうファンタジーがとても好き!スピンオフがたくさんあるけど、やっぱり本編が一番。
サークルゲーム (1) (マーガレットコミックス (2764))
サークルゲーム (1) (マーガレットコミックス (2764)) (JUGEMレビュー »)
聖 千秋
聖さんの代表作ではないんだろうけど・・・すれ違いを描かせたら本当絶品だな、と思える。女子の嫉妬も、さすがの細やかさ。「あああー」と目いっぱいやきもきできるって幸せ。
岩館真理子自選集 (3) えんじぇる   集英社文庫―コミック版
岩館真理子自選集 (3) えんじぇる 集英社文庫―コミック版 (JUGEMレビュー »)
岩館 真理子
岩舘さんの描く、つかみどころのない女性キャラはすごい。色っぽくてわけわかんなくて、もろそうだけどしぶとくて、女という生き物そのものというかんじ。
ときめきトゥナイト (1) (集英社文庫―コミック版)
ときめきトゥナイト (1) (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
池野 恋
小学生のころからずっと好き。少女マンガのルーツはこれ、と言えるシリーズ。やっぱりランゼ編が一番だなー。
昴 (1) (ビッグコミックス)
昴 (1) (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
曽田 正人
青年誌連載のバレエマンガ。少女マンガとは違う手法で描きこまれる主人公の熱がすごい。1期のラストが微妙だけど・・・続編が再開して、今のところわりと面白いので安心した。
メイド諸君! (3) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
メイド諸君! (3) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス) (JUGEMレビュー »)
きづき あきら,サトウ ナンキ
食わず嫌いだったシリーズ。メイド喫茶の女の子にはまった男子のはなつ非地ことが強烈だった。。。妄想癖あり、好きだけど積極的に出られない男子は一読をおすすめ。可愛いメイドさんを愛でたい方は全力で回避してください。えぐられます。。。
Slam dunk―完全版 (#1) (ジャンプ・コミックスデラックス)
Slam dunk―完全版 (#1) (ジャンプ・コミックスデラックス) (JUGEMレビュー »)
井上 雄彦
説明不要の名作バスケマンガ。作者はこれが代表作と輪入れるのが好きではないと昔聞いたけど、やっぱりこのマンガの勢いは胸にくる。
プラネテス (1) (モーニングKC (735))
プラネテス (1) (モーニングKC (735)) (JUGEMレビュー »)
幸村 誠
SFマンガでおすすめを聞かれたらこれを出すことが多い。比較的女性でも読みやすいシリーズだし。特別好きなキャラクターは一人もいないのに面白いのは、お話そのものの力なんだろうな。
Yesterday、Yes a day (フラワーコミックス)
Yesterday、Yes a day (フラワーコミックス) (JUGEMレビュー »)
岩本 ナオ
恋愛一直線でない、どっかとぼけた雰囲気の少女漫画。これで2冊目なんだよなあ。勝田さんあたり好きな人はぜひ。新刊が待ち遠しい人です。
金魚のうろこ 〜田辺聖子原作シリーズ〜 (クイーンズコミックス)
金魚のうろこ 〜田辺聖子原作シリーズ〜 (クイーンズコミックス) (JUGEMレビュー »)
鴨居 まさね
鴨居さんも田辺さんもどっちもすき。これは二人の雰囲気がぴたっと嵌っててすごくよかった!女っぽいマンガです。でも二十歳を幾つか超えないと共感しづらい気はする。
パーマネント野ばら
パーマネント野ばら (JUGEMレビュー »)
西原 理恵子
食わず嫌いを久々に代反省した傑作マンガ。泣いて泣かせたあなたにこそ(?)おすすめ。もっと年くったら、さらに味わえそうな気がする。いいです。めちゃめちゃ。
ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス) (JUGEMレビュー »)
末次 由紀
カルタ部マンガ。少年漫画より熱いんじゃないかと思う・・・。笑えて、ぐっときて、きゅんとするところもある、至れり尽くせりなシリーズ。おすすめ!
のはらのはらの
のはらのはらの (JUGEMレビュー »)
雁 須磨子
片思いマンガベスト1かも。ボーイズラブは基本読まないんですが、これは名作!!!とぼけたかんじとキラキラ度のバランスが絶妙過ぎ。雁須磨子さん好きです〜〜〜。
夢みる頃をすぎても (小学館文庫)
夢みる頃をすぎても (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
吉田 秋生
海街ダイアリーとこれが特に好き。桜の園もかな。絵の雰囲気だけじゃなく、台詞まわしが絶妙。女子のきわどい感傷がほんとうまいな〜〜〜!
Daddy Long Legs
Daddy Long Legs (JUGEMレビュー »)
勝田 文
勝田さんの絵の可愛らしさがばっちりはまったリメイク。これはよかった!ジーヴスシリーズもいいけど、私はこちらを押す。
Landreaall 4 (4)
Landreaall 4 (4) (JUGEMレビュー »)
おがき ちか
3巻までの竜退治ネタも素敵ですが、ここからの学園+謀略劇ネタはツボ。ファンタジー好きとしてはずすと勿体ないマンガです。オススメ!
エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫)
エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
アメリカが舞台の古い少女マンガ。謎多き美少年シャールと一緒に暮らしているジェラール、翼。いつまでもこのままではいられないと分かっているからこその毎日と、冒険と恋がどれも胸を刺す。めちゃめちゃいい青春マンガだと思う。
LIFE
LIFE (JUGEMレビュー »)
小沢健二,小沢健二,服部隆之
誰かに恋をしたとき、好きな人とドライブするとき、なんとなくお風呂で、自転車こぎながら、色んなシーンで私とともにある音楽。次は小説で復活だとうわさの彼。。。
お気に入りブログRSS
ブログツール
フィードメーター - The Samantha Times あわせて読みたい
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode