スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
キル@渋谷コクーン
昨日、渋谷コクーンにてNODAMAPのキルを観賞。
再々演かな?
主演は広末涼子、妻夫木聡。
脇の重要な役に勝村さん。
他、小劇場界から阿佐スパの中山祐一朗、猫ホテの市川しんぺーなど。

最初に結論を書くと、
残念なかんじ・・・。

妻夫木くんは初舞台だそうで。
思ったより声はきこえたけど、
でも、なんてゆうの、その、棒読みが・・・。
モンゴルで次々と領土をふやす男には見えなかったな。
TVや映画だったらどん欲さと繊細さが合わさった芝居をしてくれそうに思うけど
舞台の大きさではまだきついのかも?
けして嫌いではないので
舞台を重ねて上手になったら嬉しい。

広末涼子も、ううーん。
舞台だとまだきついです。
芝居が小さいというか。
なんだかな。
好きなんだけど。
かわいいし。

勝村さんはよかった。
一人目立ってた。
目立ってて悲しくなるくらいに。
彼はやっぱり芝居人間だなー。
声の張りと動きが違った。

山田まりやは思ったよりは上手いんだなあと思ったけど、
好きな芝居ではないし、
予想よりはというだけで、なんだかな〜。
お芝居にはああいうポジションの女の役ってよくあるよなあ、と。

多分なんだけど、
これを10年前見たら感動したと思う。
すげえ!やべえ!って。
でも、今見ると古くさい演出に感じてしまう。
アベマリアが流れた瞬間、
「だっせええ」
と心の底から思ってしまった・・・。

最初に作り出した野田さんはすごいと思うけど、
そっから進化が無い・・・のか、
もしくはこれが再々演だからで、
新作はそんなことないのかな?
NODAMAPにそこれほど詳しくないので、
このあたりよく分からない。

それにしても。
言葉遊びが全然いきてない舞台だったなー。
何言ってるかわからない芝居なんて!!!
特に、この脚本でしゃべりがダメって厳しいなあと。。。

ずっと舞台にたってきた勝村さんと
舞台初心者の役者さんを比べるのが間違いなのかな?
でも、お金払ってるし。
初回から野田で2ヶ月(だっけ?)なんてことをしなくても良かったのでは。

過去のキャストを見ると、そっちが見たくて仕方ない。
堤真一いいなあ。
はのさんもふかっちゃんも、渡辺いっけいも古田さんもいいなあ。

全体的に迫力を感じなかった。
芝居語れます、、、という程見てるわけではないので、
所々に的外れな記述があるかもしれないけど、
率直な感想はこんなかんじだなー。

前半終わって、これで終わりかと思って
一瞬帰りかけた自分たちが一番おもろかった。
あほすぎる。

あ。
終了後のスタンディングオベーションは乗っかれなかった。
しかも延々続いて長いし。
ただ、立った方がいいのかなとか見えな〜いと
少しずつ座ってた人も立ち始めるのはちょっと笑った。

以上、キル最終公演の感想でした。

追加。
主演の二人に話が終始してしまったけど、
脇の中山、市川もはまってるかんじがなく、ぱっとせず。
野田さん自身も、、、あたしはちょっと苦手かな〜。
| art | comments(0) | trackbacks(0)
古代都市ヴァーチャルトリップ
某国のせいで知人が多忙を極めている。
省庁勤めは大変そうです。

不祥事のたびに思うこと。
よく知らない人ほど吼える…。

その彼から教えてもらったHP「古代都市ヴァーチャルトリップ」
http://www.taisei.co.jp/kodaitoshi/enter.html

CGで古代都市を再現している。
ウル、アブシンベル神殿、ドーラビーラー、アクロポリスの丘、
始皇帝陵、コロセウム、ヴェニス、カラコルム、チノチティトラン。

中身を見た感想は、CG技術のプレゼンテーションが前面に出すぎ。
もう少し情緒がほしかった。
物語性とか。
建設会社にそこまで求めちゃダメなのかな〜。

ちょっと残念な一品。



わかりにくいですが、モアイ型枕。
人にもらって、昔ちょっとだけ使ってました。
寝心地はよくない。
| art | comments(0) | trackbacks(1)
横浜レゲエ祭
初めて行ったのは99年?
いや、2000年だったかな。
おれから体調を崩すまで、毎年何人かで行ってました。

イベント大好き!
見るのも、裏方するのも。
出るのは苦手(笑)

たしか最後に行こうと思ったときは、
前の人を誘おうと思ってたんだけど…
友達と温泉だかサーフィンだかで居なくて一緒に行けなかった。
好きそうだと思ったのになあと残念に思った覚えがあります。
後日話したらやっぱり「えーそれなら行きたかった」と言ってたし。
それならってなんやねーん、ってえらい傷ついたな(苦笑)

今年はいけるかな〜?
あまり期待はしないでおこう・・・。

ちなみに今回の開催概要は

・日時  8月5日(土)14:00〜
・場所  横浜スタジアム
・出演者 MIGHTY CROWN
FIREBALL with JUNGLEROOTS BAND
PAPA B
GUAN CHAI
PUSHIM
HMAN
MOOMIN  などなど。

そのほか詳細は下記参照のこと。
http://www.yokohamareggaesai.com/info/index.html

あーライブ行きたい!
こないだのPUFFY10周年は体調悪くて行けなかったし!
秋の宇多田ライブは、チケットは当たったけどどうなるかな〜。
aikoも夏以降にあるし(おそらく)、
何よりサマソニ。
行きたかった。

| art | comments(0) | trackbacks(0)
ガンダム展に行きたいな
今気になる展示。

ガンダム展@サントリーミュージアム
マシューバーニー展@金沢21世紀美術館
中川幸夫の写真・ガラス・書@宮城県美術館

どれも遠いよ・・・。

※追記
ガンダム展ではニュータイプ適性検査なるものがあるとか。
受けたい。

| art | comments(3) | trackbacks(0)

The Samantha Times

不定期に更新中の読書感想ブログです。

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
船に乗れ!〈1〉合奏と協奏
船に乗れ!〈1〉合奏と協奏 (JUGEMレビュー »)
藤谷 治
音楽青春小説。主人公の性格、2巻〜の音楽面以外での展開が好き嫌いの分かれ目かも。
村田エフェンディ滞土録 (角川文庫)
村田エフェンディ滞土録 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
梨木 香歩
異国で生活を書いた青春小説。淡々とした文がよりぐっとくる1冊。じわじわ好きになった。
霧のむこうのふしぎな町 新装版 (講談社文庫)
霧のむこうのふしぎな町 新装版 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
柏葉 幸子
『千と千尋の神隠し』の原作とも言われる児童文学ファンタジーの名作。小さいころから大好き。
西の善き魔女〈1〉旅立ちの巻
西の善き魔女〈1〉旅立ちの巻 (JUGEMレビュー »)
荻原 規子
荻原さんの異世界ファンタジー。お姫様あり、冒険あり、学園ものあり、世界の謎あり。ツボをつくまくる要素てんこもりなのに、おなかいっぱいにならずに楽しめるのはさすが。おすすめ。
うさぎドロップ (1) (FC (380))
うさぎドロップ (1) (FC (380)) (JUGEMレビュー »)
宇仁田 ゆみ
独身男性の家に女の子がやってくるお話。幼少編が最高だと思っていたら、高校編もぐっと面白みを増した今日この頃。
闇の守り人 (新潮文庫)
闇の守り人 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子
児童文学というくくりではなく、国内ファンタジーとしても最高峰ではないかと思う守り人シリーズ。父ジグロのエピソードが多く語られるこの巻が特に好き。
風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート (JUGEMレビュー »)
小野 不由美
ライトノベルという枠に押し込めるのはもったいない十二国記。中でも、女子3人が奮闘するこのお話が好き。責任、義務、権利、欲、勇気。筋を通す女子って格好いいと子供心に思ったけれど、それは今も変わらない。冊数が多いけど、全ておすすめ。
なんて素敵にジャパネスク (コバルト文庫)
なんて素敵にジャパネスク (コバルト文庫) (JUGEMレビュー »)
氷室 冴子
自分のお小遣いで初めて買った文庫本がこれ。平安時代が舞台のどたばたラブコメ。大好きだったなあ。
帝国の娘〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫)
帝国の娘〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫) (JUGEMレビュー »)
須賀 しのぶ
少女小説とは思えないハードな展開が続く大陸ファンタジー。めげても折れても一歩進み続ける主人公女子がすごい。須賀さん、大好きです。おすすめ。
チャリオンの影 上 (創元推理文庫)
チャリオンの影 上 (創元推理文庫) (JUGEMレビュー »)
ロイス・マクマスター・ビジョルド,鍛治 靖子
海外文学はあまり読まないけれど、これは楽しかった!お姫様の出てくる正統派ファンタジーなのに、個性的なキャラで他にないお話に。
放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)
放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
茅田 砂胡
陰謀野望ありの大陸ファンタジー。個性的なキャラクター、ダイナミックな展開、こういうファンタジーがとても好き!スピンオフがたくさんあるけど、やっぱり本編が一番。
サークルゲーム (1) (マーガレットコミックス (2764))
サークルゲーム (1) (マーガレットコミックス (2764)) (JUGEMレビュー »)
聖 千秋
聖さんの代表作ではないんだろうけど・・・すれ違いを描かせたら本当絶品だな、と思える。女子の嫉妬も、さすがの細やかさ。「あああー」と目いっぱいやきもきできるって幸せ。
岩館真理子自選集 (3) えんじぇる   集英社文庫―コミック版
岩館真理子自選集 (3) えんじぇる 集英社文庫―コミック版 (JUGEMレビュー »)
岩館 真理子
岩舘さんの描く、つかみどころのない女性キャラはすごい。色っぽくてわけわかんなくて、もろそうだけどしぶとくて、女という生き物そのものというかんじ。
ときめきトゥナイト (1) (集英社文庫―コミック版)
ときめきトゥナイト (1) (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
池野 恋
小学生のころからずっと好き。少女マンガのルーツはこれ、と言えるシリーズ。やっぱりランゼ編が一番だなー。
昴 (1) (ビッグコミックス)
昴 (1) (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
曽田 正人
青年誌連載のバレエマンガ。少女マンガとは違う手法で描きこまれる主人公の熱がすごい。1期のラストが微妙だけど・・・続編が再開して、今のところわりと面白いので安心した。
メイド諸君! (3) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
メイド諸君! (3) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス) (JUGEMレビュー »)
きづき あきら,サトウ ナンキ
食わず嫌いだったシリーズ。メイド喫茶の女の子にはまった男子のはなつ非地ことが強烈だった。。。妄想癖あり、好きだけど積極的に出られない男子は一読をおすすめ。可愛いメイドさんを愛でたい方は全力で回避してください。えぐられます。。。
Slam dunk―完全版 (#1) (ジャンプ・コミックスデラックス)
Slam dunk―完全版 (#1) (ジャンプ・コミックスデラックス) (JUGEMレビュー »)
井上 雄彦
説明不要の名作バスケマンガ。作者はこれが代表作と輪入れるのが好きではないと昔聞いたけど、やっぱりこのマンガの勢いは胸にくる。
プラネテス (1) (モーニングKC (735))
プラネテス (1) (モーニングKC (735)) (JUGEMレビュー »)
幸村 誠
SFマンガでおすすめを聞かれたらこれを出すことが多い。比較的女性でも読みやすいシリーズだし。特別好きなキャラクターは一人もいないのに面白いのは、お話そのものの力なんだろうな。
Yesterday、Yes a day (フラワーコミックス)
Yesterday、Yes a day (フラワーコミックス) (JUGEMレビュー »)
岩本 ナオ
恋愛一直線でない、どっかとぼけた雰囲気の少女漫画。これで2冊目なんだよなあ。勝田さんあたり好きな人はぜひ。新刊が待ち遠しい人です。
金魚のうろこ 〜田辺聖子原作シリーズ〜 (クイーンズコミックス)
金魚のうろこ 〜田辺聖子原作シリーズ〜 (クイーンズコミックス) (JUGEMレビュー »)
鴨居 まさね
鴨居さんも田辺さんもどっちもすき。これは二人の雰囲気がぴたっと嵌っててすごくよかった!女っぽいマンガです。でも二十歳を幾つか超えないと共感しづらい気はする。
パーマネント野ばら
パーマネント野ばら (JUGEMレビュー »)
西原 理恵子
食わず嫌いを久々に代反省した傑作マンガ。泣いて泣かせたあなたにこそ(?)おすすめ。もっと年くったら、さらに味わえそうな気がする。いいです。めちゃめちゃ。
ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス) (JUGEMレビュー »)
末次 由紀
カルタ部マンガ。少年漫画より熱いんじゃないかと思う・・・。笑えて、ぐっときて、きゅんとするところもある、至れり尽くせりなシリーズ。おすすめ!
のはらのはらの
のはらのはらの (JUGEMレビュー »)
雁 須磨子
片思いマンガベスト1かも。ボーイズラブは基本読まないんですが、これは名作!!!とぼけたかんじとキラキラ度のバランスが絶妙過ぎ。雁須磨子さん好きです〜〜〜。
夢みる頃をすぎても (小学館文庫)
夢みる頃をすぎても (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
吉田 秋生
海街ダイアリーとこれが特に好き。桜の園もかな。絵の雰囲気だけじゃなく、台詞まわしが絶妙。女子のきわどい感傷がほんとうまいな〜〜〜!
Daddy Long Legs
Daddy Long Legs (JUGEMレビュー »)
勝田 文
勝田さんの絵の可愛らしさがばっちりはまったリメイク。これはよかった!ジーヴスシリーズもいいけど、私はこちらを押す。
Landreaall 4 (4)
Landreaall 4 (4) (JUGEMレビュー »)
おがき ちか
3巻までの竜退治ネタも素敵ですが、ここからの学園+謀略劇ネタはツボ。ファンタジー好きとしてはずすと勿体ないマンガです。オススメ!
エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫)
エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
アメリカが舞台の古い少女マンガ。謎多き美少年シャールと一緒に暮らしているジェラール、翼。いつまでもこのままではいられないと分かっているからこその毎日と、冒険と恋がどれも胸を刺す。めちゃめちゃいい青春マンガだと思う。
LIFE
LIFE (JUGEMレビュー »)
小沢健二,小沢健二,服部隆之
誰かに恋をしたとき、好きな人とドライブするとき、なんとなくお風呂で、自転車こぎながら、色んなシーンで私とともにある音楽。次は小説で復活だとうわさの彼。。。
お気に入りブログRSS
ブログツール
フィードメーター - The Samantha Times あわせて読みたい
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode