スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
アイアムアヒーロー7/青みゆく雪1

感想をあげそこねていたもの。

◆アイアムアヒーロー7

さえないもてない男子マンガかと思ったら
ホラーアクションかつ医療パニックものになって、、、というお話。
どこへつれていかれるんだ・・・という感じは初期に比べると薄れたけど
それでも楽しく読めている。


◆青みゆく雪1
中国人留学生と日本人大学生のお話。
アパートものでもあるし、ダーリンは異国人ものでもある。

・・・のだけど、うさぎドロップやその前がとても好きだっただけに
今回はイマイチ。。。。
ここからドライブがかかるのかな〜。
そうだといいな。

| books | comments(0) | trackbacks(0)
無貌伝〜綺譚会の惨劇〜

あらすじ:
探偵見習いの望は、名探偵・御堂八雲に呼び出され、怪事件について語り合う談話会―綺譚会に参加することに。そこで紡がれる物語は、夢幻の顔を持つ怪盗・無貌と彼の協力者たちに纏わる、恐怖と悲哀の歴史だった。豪華列車の中に煌めく、八雲の真意と探偵たちの矜恃。明かされる綺譚の謎と、連鎖する望の宿命…。動き出す運命の歯車に導かれた終着駅は!?至高の新伝奇ミステリ。

ヒトデナシという怪異が存在する世界が舞台の探偵小説。
キャラクターも濃いし、
どんでん返しも悪くないし、、、
もっと売れてもいいのにな〜。

一般小説を読まない女子でもとっつきやすい
登場人物の配置っぷりなので
普段ここのレーベルを読まない、
でも人外ネタ好きにもおすすめしておく。
抒情的だったり、激しいアクションを求めると違うけど、
京極堂シリーズよりはうんちくも重くなくて入りやすいかと。

今回は、連作短編の形式で最後に大きな仕掛けがばらされていた。
おおー、なるほどー!
1つ1つのエピソード自体は、「ふうーん」と思うところもあったけど
その種明かしがよかったので全体としては楽しめた。


| books | comments(0) | trackbacks(0)
宇宙兄弟15/おおきく振りかぶって17/ちはやふる14

有名タイトルの新刊感想。

◆宇宙兄弟15

宇宙飛行士の弟をもつ、サラリーマンが宇宙飛行士を目指すお話。

弟が月の事故でパニック障害になり、
兄は紆余曲折を経ながらも着々と宇宙飛行士への道を突き進む。
いつのまにか立場逆転な今の展開もいいけど、
何より細部でも笑える丁寧な作りが好き。

とてもよい宇宙ものだと思うので、SFなんて興味ねえよちう人にもぜひ。
大人の青春ものとして十分楽しめるはず。


◆おおきく振りかぶって 17

高校野球漫画の人気シリーズ。
野球の試合シーン以外のところの描写が丁寧なのが好きだな。
とはいえ、最近選手話ばかりで監督などの周囲のスタッフに光があたらない。
ちょっと残念。
マネージャーの恋より、監督の過去話が興味あるなー。

野球漫画としてはラストイニングのほうが王道展開で読みやすいかと。


◆ちはやふる 14

かるた部マンガ。
かるたに興味がなくても、部活漫画として非常に面白く造られているのでおすすめ。
まあ、マンガ読みでこれを逃している人はそうそういないと思うけど。


| books | comments(0) | trackbacks(0)
天冥の標2 救世群

あらすじ:
西暦201X年、謎の疫病発生との報に、国立感染症研究所の児玉圭伍と矢来華奈子は、ミクロネシアの島国パラオへと向かう。そこで二人が目にしたのは、肌が赤く爛れ、目の周りに黒斑をもつリゾート客たちの無残な姿だった。圭伍らの懸命な治療にもかかわらず次々に息絶えていく感染者たち。感染源も不明なまま、事態は世界的なパンデミックへと拡大、人類の運命を大きく変えていく――すべての発端を描くシリーズ第2巻

小川一水さんのSF長編シリーズ第2巻。
ずっと前に1巻(上下巻)を読んで、
次は現代感染症ものと聞いて読むのがもったいなくて先送りしていた。

しかし、奈良旅行(主目的は別だけど)のお伴に
はずれの本は持って行きたくなかったので
ようやく重い腰を上げて取りかかった。

結果、移動中に読破。

おもしろかった!

もう全然1巻の内容覚えてないけど!
性愛専用ロボットがいて、惑星もので、程度の記憶しかないので
以前のものとどうつながってくるのかさっぱり見当つかん・・・!

クトコトがあれだな、
遠方者関連のあれなんだろうなーくらいしか。

あとはやたらひっぱるフェオダッシュか。

救世群というタイトルなのに、全然出てこねえ!!!と思ったら
すごいところで出てきて、すごいところで終わった・・・。

えええー、その先が読みたいのに!!!
なんという引き。

というわけで、1巻1巻ごとに読んでも非常に楽しめるシリーズ。
惑星とか興味ないけど感染症とかの医療ものは好き、という方は
これだけなら楽しく読めるかも。
どうしても、壮大な宇宙叙事詩の一環なので、その手のネタは突っ込まれているけど、、、

| books | comments(0) | trackbacks(0)
リミット5/星河山霊草紙1/梅鴬撩乱1

おもに新刊のコミックの感想。

◆リミット5
バスが転落し、生き残った少年少女のサバイバルもの。
学校での人間関係が崩れ、人が死に、
疑心暗鬼と体力低下でボロボロの高校生。

今回は男子生徒の謎がとける巻だったけど・・・・
なんか、思っていたよりあっさりしてたな〜。
もっとひっぱるかと思ったので少し拍子抜け。

◆星河山霊草紙1
あらすじ:
130年前、ケヤキの木の精(木霊)であるほおずきは、人間である天馬に恋をし、星河町で暮らすようになった。しかし、天馬は船の事故で消息を絶ち行方不明に。遺され、生きつづけているほおずきは、子孫たちと暮らしているが、時が経ったいまゆるやかではあるが確実に変化している。同時に弱りゆく町全体。この変化は何を意味するの!? 彼女を好きな直系の子孫・一歩のせつない想いが時を超えて交錯し、謎に迫る。 

和系ファンタジーがお得意な鈴木さんの新作。
雰囲気は好きだけど、いまいちこう、ぐっとこないなー・・・と思ったら
最後に時が飛んで、おお、という引きで終わった。
次も読むかなー。
 

梅鴬撩乱〜長州幕末狂騒曲〜1
あらすじ:
長州の天才革命児・高杉晋作には、おうのという愛し人がいた。
色町「堺屋」に身を寄せるおうのは、ドジで間抜けだが琴三弦には
並々ならぬ才能があり、芸妓たちの間でも一目置かれている。
そんなおうのの才能と魂にひかれゆく晋作と、彼を取り巻く
山県狂介、赤根武人、久坂玄瑞らやんちゃな猛者どもの
軽快で可笑しみに満ちた幕末ロックな日々とは……!?

幕末マンガ。
女性向けコミックで歴史ものの定番ネタとして、
定期的に出てくるな〜〜〜。
この分野のマニアというほどではないけど、嫌いじゃない。

初めて読む漫画家さんだったけど、
とても手慣れた感じで驚いた。
またあれかな、ボーイズラブ世界の有名人なのかな?
やっぱりそこにもアンテナをある程度張らないと、
いいもの読みのがすのかなあ・・・。
底が深そうで、帰ってこられない気がしてイマイチ踏み込みきれない。

あ、この本の感想からずれた。
えーと、まあ、結構おもしろかったかな?というところ。

| books | comments(0) | trackbacks(0)
腐女子っス4/つなぐと星座になるように2/アゲイン!1
評価:
御徒町 鳩
アスキー・メディアワークス
¥ 609
(2011-06-23)

新刊コミックの感想。

◆腐女子ッス!4

高校の漫画部に所属する腐女子3人が主人公のお話。
うーん、、、ちょっと飽きてきたかも。
1〜2巻あたりは、少女マンガ特有のきゅんとくる展開も好きだと思えたのにな。


◆つなぐと星座になるように2
あらすじ:
いろいろワケありで上京した瑠加は姉のアパートへ同居のお願いに行く。そこには姉の恋人も住んでいて……。

瑠加がバイト先で知り合った、のほほんとした野乃とクールな譲。『不毛な恋より、新しい恋』を目指す3人だけど、元カレへの想いが断ち切れない。
そんな折、瑠加は騙された元カレの連絡先を知り、会う約束をするのだが……。

姉の彼氏にどきっとしつつ、逃亡した元彼氏にほだされつつ、な主人公。
いつもどっかずれている雁須磨子さんのお話が私はとてもすきだー!
ストーリー展開も、ディティールも、まとめてすき。

まだ雁須磨子さんの中でナンバーワンという作品にはなっていないけど、
たぶんこの先もじわじわ楽しみが増すだろうという予感がする。

大事に続きを待とう。


◆アゲイン!1
あらすじ:
高校生活三年間、友達も思い出も作らず卒業式を迎えた今村金一郎。だが同級生の女子・暁と階段から転げ落ち、気づいたら3年前の入学式の日へタイムスリップしていた! 憧れていた女団長・宇佐美と再び出逢った金一郎は、応援団に入団し宇佐美が独りで頑張る応援団の建て直しを目指す!!

もてない男子というのは、久保さんの得意分野なんだなー。
青春ものかと思ったらタイムスリップSFだったので、
その辺も含めて楽しもう。

今のところ、まだぐっときてないけど・・・・
もう少し話が動いたら楽しいかも。

| books | comments(0) | trackbacks(0)
水底フェスタ
評価:
辻村 深月
文藝春秋
¥ 1,500
(2011-08-24)

あらすじ:
村も母親も捨てて東京でモデルとなった由貴美。突如帰郷してきた彼女に魅了された広海は、村長選挙を巡る不正を暴き“村を売る”ため協力する。だが、由貴美が本当に欲しいものは別にあった―。辻村深月が描く一生に一度の恋。

野外ロックフェスで有名になった村が舞台のサスペンス。

辻村さんの本は相変わらず読みやすさと、
じりじりしたいやな感じがあるな〜〜〜。
それが好きで読んでしまうのだけど、
今回はあまりぐっとくるツボがなかったなー。

| books | comments(0) | trackbacks(0)
うからはらから
評価:
阿川 佐和子
新潮社
¥ 1,785
(2011-02)

あらすじ:
「いい関係」でいたいからと三行半をつきつけられた室田、一人暮らしを始めた母、堅物だった父の再婚、義母の豊かすぎる悩み、大人びた倫土の不安、未来に立ちこめる暗雲…。

連作短編集。
子供より大人目線の話のほうが面白かったな。
これくらいの生臭さのあゆユーモアは好きだ。

マンガで言うなら、マーガレットコミックスではなくて
YOUコミックス読むような・・・というたとえは微妙か。

ともかく、よい都市の大人が出てくるお話。
普通に楽しく読めた。

| books | comments(0) | trackbacks(0)
かきっぱなし

雑記。

なんだかずっと休みがない。
3連休は西へ戻るけど、ゆっくりのんびりというわけにはいかなさげ。

Now Reading:
うからはらから

以下折りたたみ。

続きを読む >>
| diary | comments(0) | trackbacks(0)
MONSTER ~18(最終)

ヨーロッパを舞台にしたサイコサスペンス、
やっぱり一気読みして正解だった…!

これ、連載で1巻ずつ読んでいたら、
途中で謎が謎を呼びすぎる展開に耐え切れず脱落したなあ。

登場人物も多く巻数もけっこうあるけど、
おそらく気になって先を急いでしまうから意外と早く読みおわるシリーズ。

いまさらだけど、久々に読んで楽しかった。

| books | comments(0) | trackbacks(0)

The Samantha Times

不定期に更新中の読書感想ブログです。

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
船に乗れ!〈1〉合奏と協奏
船に乗れ!〈1〉合奏と協奏 (JUGEMレビュー »)
藤谷 治
音楽青春小説。主人公の性格、2巻〜の音楽面以外での展開が好き嫌いの分かれ目かも。
村田エフェンディ滞土録 (角川文庫)
村田エフェンディ滞土録 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
梨木 香歩
異国で生活を書いた青春小説。淡々とした文がよりぐっとくる1冊。じわじわ好きになった。
霧のむこうのふしぎな町 新装版 (講談社文庫)
霧のむこうのふしぎな町 新装版 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
柏葉 幸子
『千と千尋の神隠し』の原作とも言われる児童文学ファンタジーの名作。小さいころから大好き。
西の善き魔女〈1〉旅立ちの巻
西の善き魔女〈1〉旅立ちの巻 (JUGEMレビュー »)
荻原 規子
荻原さんの異世界ファンタジー。お姫様あり、冒険あり、学園ものあり、世界の謎あり。ツボをつくまくる要素てんこもりなのに、おなかいっぱいにならずに楽しめるのはさすが。おすすめ。
うさぎドロップ (1) (FC (380))
うさぎドロップ (1) (FC (380)) (JUGEMレビュー »)
宇仁田 ゆみ
独身男性の家に女の子がやってくるお話。幼少編が最高だと思っていたら、高校編もぐっと面白みを増した今日この頃。
闇の守り人 (新潮文庫)
闇の守り人 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子
児童文学というくくりではなく、国内ファンタジーとしても最高峰ではないかと思う守り人シリーズ。父ジグロのエピソードが多く語られるこの巻が特に好き。
風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート (JUGEMレビュー »)
小野 不由美
ライトノベルという枠に押し込めるのはもったいない十二国記。中でも、女子3人が奮闘するこのお話が好き。責任、義務、権利、欲、勇気。筋を通す女子って格好いいと子供心に思ったけれど、それは今も変わらない。冊数が多いけど、全ておすすめ。
なんて素敵にジャパネスク (コバルト文庫)
なんて素敵にジャパネスク (コバルト文庫) (JUGEMレビュー »)
氷室 冴子
自分のお小遣いで初めて買った文庫本がこれ。平安時代が舞台のどたばたラブコメ。大好きだったなあ。
帝国の娘〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫)
帝国の娘〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫) (JUGEMレビュー »)
須賀 しのぶ
少女小説とは思えないハードな展開が続く大陸ファンタジー。めげても折れても一歩進み続ける主人公女子がすごい。須賀さん、大好きです。おすすめ。
チャリオンの影 上 (創元推理文庫)
チャリオンの影 上 (創元推理文庫) (JUGEMレビュー »)
ロイス・マクマスター・ビジョルド,鍛治 靖子
海外文学はあまり読まないけれど、これは楽しかった!お姫様の出てくる正統派ファンタジーなのに、個性的なキャラで他にないお話に。
放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)
放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
茅田 砂胡
陰謀野望ありの大陸ファンタジー。個性的なキャラクター、ダイナミックな展開、こういうファンタジーがとても好き!スピンオフがたくさんあるけど、やっぱり本編が一番。
サークルゲーム (1) (マーガレットコミックス (2764))
サークルゲーム (1) (マーガレットコミックス (2764)) (JUGEMレビュー »)
聖 千秋
聖さんの代表作ではないんだろうけど・・・すれ違いを描かせたら本当絶品だな、と思える。女子の嫉妬も、さすがの細やかさ。「あああー」と目いっぱいやきもきできるって幸せ。
岩館真理子自選集 (3) えんじぇる   集英社文庫―コミック版
岩館真理子自選集 (3) えんじぇる 集英社文庫―コミック版 (JUGEMレビュー »)
岩館 真理子
岩舘さんの描く、つかみどころのない女性キャラはすごい。色っぽくてわけわかんなくて、もろそうだけどしぶとくて、女という生き物そのものというかんじ。
ときめきトゥナイト (1) (集英社文庫―コミック版)
ときめきトゥナイト (1) (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
池野 恋
小学生のころからずっと好き。少女マンガのルーツはこれ、と言えるシリーズ。やっぱりランゼ編が一番だなー。
昴 (1) (ビッグコミックス)
昴 (1) (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
曽田 正人
青年誌連載のバレエマンガ。少女マンガとは違う手法で描きこまれる主人公の熱がすごい。1期のラストが微妙だけど・・・続編が再開して、今のところわりと面白いので安心した。
メイド諸君! (3) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
メイド諸君! (3) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス) (JUGEMレビュー »)
きづき あきら,サトウ ナンキ
食わず嫌いだったシリーズ。メイド喫茶の女の子にはまった男子のはなつ非地ことが強烈だった。。。妄想癖あり、好きだけど積極的に出られない男子は一読をおすすめ。可愛いメイドさんを愛でたい方は全力で回避してください。えぐられます。。。
Slam dunk―完全版 (#1) (ジャンプ・コミックスデラックス)
Slam dunk―完全版 (#1) (ジャンプ・コミックスデラックス) (JUGEMレビュー »)
井上 雄彦
説明不要の名作バスケマンガ。作者はこれが代表作と輪入れるのが好きではないと昔聞いたけど、やっぱりこのマンガの勢いは胸にくる。
プラネテス (1) (モーニングKC (735))
プラネテス (1) (モーニングKC (735)) (JUGEMレビュー »)
幸村 誠
SFマンガでおすすめを聞かれたらこれを出すことが多い。比較的女性でも読みやすいシリーズだし。特別好きなキャラクターは一人もいないのに面白いのは、お話そのものの力なんだろうな。
Yesterday、Yes a day (フラワーコミックス)
Yesterday、Yes a day (フラワーコミックス) (JUGEMレビュー »)
岩本 ナオ
恋愛一直線でない、どっかとぼけた雰囲気の少女漫画。これで2冊目なんだよなあ。勝田さんあたり好きな人はぜひ。新刊が待ち遠しい人です。
金魚のうろこ 〜田辺聖子原作シリーズ〜 (クイーンズコミックス)
金魚のうろこ 〜田辺聖子原作シリーズ〜 (クイーンズコミックス) (JUGEMレビュー »)
鴨居 まさね
鴨居さんも田辺さんもどっちもすき。これは二人の雰囲気がぴたっと嵌っててすごくよかった!女っぽいマンガです。でも二十歳を幾つか超えないと共感しづらい気はする。
パーマネント野ばら
パーマネント野ばら (JUGEMレビュー »)
西原 理恵子
食わず嫌いを久々に代反省した傑作マンガ。泣いて泣かせたあなたにこそ(?)おすすめ。もっと年くったら、さらに味わえそうな気がする。いいです。めちゃめちゃ。
ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス) (JUGEMレビュー »)
末次 由紀
カルタ部マンガ。少年漫画より熱いんじゃないかと思う・・・。笑えて、ぐっときて、きゅんとするところもある、至れり尽くせりなシリーズ。おすすめ!
のはらのはらの
のはらのはらの (JUGEMレビュー »)
雁 須磨子
片思いマンガベスト1かも。ボーイズラブは基本読まないんですが、これは名作!!!とぼけたかんじとキラキラ度のバランスが絶妙過ぎ。雁須磨子さん好きです〜〜〜。
夢みる頃をすぎても (小学館文庫)
夢みる頃をすぎても (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
吉田 秋生
海街ダイアリーとこれが特に好き。桜の園もかな。絵の雰囲気だけじゃなく、台詞まわしが絶妙。女子のきわどい感傷がほんとうまいな〜〜〜!
Daddy Long Legs
Daddy Long Legs (JUGEMレビュー »)
勝田 文
勝田さんの絵の可愛らしさがばっちりはまったリメイク。これはよかった!ジーヴスシリーズもいいけど、私はこちらを押す。
Landreaall 4 (4)
Landreaall 4 (4) (JUGEMレビュー »)
おがき ちか
3巻までの竜退治ネタも素敵ですが、ここからの学園+謀略劇ネタはツボ。ファンタジー好きとしてはずすと勿体ないマンガです。オススメ!
エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫)
エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
アメリカが舞台の古い少女マンガ。謎多き美少年シャールと一緒に暮らしているジェラール、翼。いつまでもこのままではいられないと分かっているからこその毎日と、冒険と恋がどれも胸を刺す。めちゃめちゃいい青春マンガだと思う。
LIFE
LIFE (JUGEMレビュー »)
小沢健二,小沢健二,服部隆之
誰かに恋をしたとき、好きな人とドライブするとき、なんとなくお風呂で、自転車こぎながら、色んなシーンで私とともにある音楽。次は小説で復活だとうわさの彼。。。
お気に入りブログRSS
ブログツール
フィードメーター - The Samantha Times あわせて読みたい
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode