スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
マイレージマイライフ/アフタースクール
評価:
---
メディアファクトリー
¥ 3,500
(2008-11-28)

映画を見ることが大分減った。
仕事と私事と読書で手一杯だからだけど、
面白いものにお金を払わないと文化が途絶えてしまうから
ここは時間とお金を費やそう、と一念発起。
とりあえず、近所のレンタルショップのおすすめDVDをはしから借りることに。

◆マイレージマイライフ
あらすじ:
年間322日も出張するライアン・ビンガムの仕事は企業のリストラ対象者に解雇を通告すること、つまりプロの""リストラ宣告人""。「バックパックに入らない人生の荷物は背負わない」をモットーとする彼は、夢の1000万マイル達成をすぐ目前にし、しがらみから自由な生き方を楽しんでいた。そんなライアンに二つの出会いが訪れる。一人目は彼と同じく出張族のアレックス。気軽な大人の関係とお互い割り切って情事が始まる。もうひとつの出会いは新入社員のナタリー。ネット上で解雇通告を行い、出張を廃止するという合理化案を会社に提出しており、ライアンの立場と1000万マイルの達成を危うくする存在だった。異なる年代の二人の女性との出会いをきっかけに、人を""切る""ことで生きてきた男が""つながり""の大切さに気づいていく・・・。

冒頭のジョージ・クルーニーがかっこいいおじさんだなあ、という以外あまり楽しめず。
CMはすごくよかったのにな〜。
残念。。。。。

女性の、裸の腰ネクタイにちょっとびっくりした。
なんやねんあれ(笑)


◆アフタースクール
あらすじ:
母校の中学校で働く人のよい教師・神野(大泉洋)の元に、かつての同級生だと名乗る怪しい探偵・北沢(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。
北沢は神野の親友で同じく同級生、現在は一流企業に勤めるサラリーマン・木村(堺雅人)の行方を追っていた。
心ならずも神野は木村探しに巻き込まれてしまう・・・。人を疑うことを知らない男と、人の裏側ばかりを見てきた男。
ちぐはぐコンビの捜査活動から、神野の知らなかった、友人・木村の一面が次々と明らかになり、物語は思いもよらぬ方向へと向かっていく・・・

大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、田畑智子というキャストと、
どんでんがえしものということで視聴決定。
結構面白かった。

ただ、どんでんがえし構造や、伏線の回収にこだわりすぎて
ドラマとしてはもう一つ物足りなさもあったなあと。

「おおー、そういうことだったのねえ!」
という驚きは大好きだけど、
そこに疾走感が加わるとか、
もしくは、タイトルにからめてノスタルジーで攻めてくるとか、
構造ではない、ドラマとしての部分で面白さがあればもっと好きだったなー。
それができる役者陣だと思うし。

ただ、オリジナルで面白い脚本を書ける監督さんは貴重だと思う。
『運命じゃない人』も見ていないので、そのうち視聴する予定。

次は何みるかなー。
さすがに平日は無理だけど、週末に1本くらいのペースでいきたい。
洋画のすかっとするアクションもの見たいなー。 
| movie&TV | comments(0) | trackbacks(0)
沈まぬ太陽/ゴールデンスランバー
評価:
---
アミューズソフトエンタテインメント
¥ 4,767
(2010-08-06)

最近見た映画2本。
映画をほとんど見なくなってしまったなあ。
見逃しているものが山ほどあって、レンタルショップで興奮した。
しばらく忙しい日々が続くけど、ここは気合で見る時間をひねり出したい。

◆沈まぬ太陽
あらすじ:
山崎豊子の国民的大ベストセラー小説を、渡辺謙ほかオールスターキャストで映画化した人間ドラマ。激動の昭和を舞台に、巨大組織に翻弄されながらも不屈の精神で信念を貫いたひとりの男の生き様を描く。メイキングなどの特典映像を収録した3枚組。

スタッフ&キャスト:
渡辺 謙 三浦友和 松雪泰子 鈴木京香 石坂浩二
原作:山崎豊子『沈まぬ太陽』(新潮文庫刊)
製作総指揮:角川歴彦 監督:若松節朗 脚本:西岡琢也 音楽:住友紀人

飛行機墜落の事件と、航空会社の腐敗した内部状況。
当時反響が大きかったのも、
今回公開までにあれこれもめたらしいのも頷ける重い内容。

俳優豪華だったなあ。。。。。

誰が誰をモデルにしているのか考えながら見るのは楽しかった。

ただ、実際がどうなのかわからないけど、
ライバルがあまりにライバルすぎたのはちょっと引っかかった。
わかりやすいヒーローを立てて正義を語られるのはあまり得意じゃないので。


◆ゴールデンスランバー
あらすじ:
野党初の首相となった金田が、仙台市内で凱旋パレードを行うその日、数年ぶりに大学時代の友人・森田に呼び出された青柳は、森田から「お前、オズワルドにされるぞ」「逃げろ。とにかく逃げて、生きろ」という忠告を受ける。爆発音がしたかと思うと、警察官たちが、二人が乗っている停車中の車に駆け寄り躊躇なく発砲する。青柳は、反射的に地面を蹴り、仙台の街中へと走り出す……!

キャスト:
堺雅人 竹内結子 吉岡秀隆 劇団ひとり/香川照之
柄本明/濱田岳 渋川清彦 ベンガル 大森南朋 貫地谷しほり 相武紗季/伊東四朗
永島敏行 石丸謙二郎 ソニン でんでん 滝藤賢一 木下隆行(TKO) 木内みどり 竜雷太

スタッフ:
監督:中村義洋
原作:伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」(新潮社刊)
脚本:中村義洋 林民夫 鈴木謙一
音楽:斉藤和義
主題歌:「Golden Slumbers」All performed by 斉藤和義
エンディングテーマ:「幸福な朝食 退屈な夕食」(新録) 斉藤和義(SPEEDSTAR RECORDS)


面白かった。
久しぶりに面白い邦画を見たな〜〜〜〜〜!
原作自体も面白かったけど、冒頭の堺さんと吉岡さんの二人のやりとりだけで楽しかった。
ああ、役者馬鹿、大好き。
家族にほしいかというと悩むけど、こうして観客としてみるなら最高だ。

竹内さんのお芝居はあまり好きじゃなかったけど、
いいところで香川さん投入されてるし、
何よりやっぱり伏線の回収がとても気持ちいいなー。
伊坂さんを改めて凄いと思った。

あ、あと、ぱっつん少年役の彼はおいしい役だったな、と。
とても似合ってた。

BGMもよかったし、久しぶりにDVD買ってもいいなあ。



| movie&TV | comments(0) | trackbacks(0)
機動警察パトレイバー NEW OVA

あらすじ:
ゆうきまさみの人気コミックを原作とするアニメシリーズの90年に製作されたOVAのBOX。近未来都市の東京。汎用人間型作業機械“レイバー”による犯罪を阻止すべく、警視庁内部に設立された特殊車輌二課が立ち上がる。第1話から最終第16話を収録。

【第1話~第16話収録】
第1話「グリフォン復活」/第2話「逆襲のシャフト! 」/第3話「史上最大の決戦」
第4話「GAME OVER」/第5話「災厄の日」/第6話「視聴率90%」
第7話「黒い三連星」/第8話「火の七日間」/第9話「VS(バーサス)」
第10話「その名はアムネジア」/第11話「雨の日に来たゴマ」/第12話「二人の軽井沢」
第13話「ダンジョン再び」/第14話「雪のロンド」/第15話「星から来た女」/第16話「第二小隊異状なし」
<1990年TVシリーズ終了後に新たに制作されたOVAシリーズで、
ビデオ発売時の収録順序を変更し「グリフォン編」を連続収録>


パトレイバー懐かしいなあ。
ファーストコンタクトは、
小学生のころ、夏休みに遊びに行ったいとこのお兄ちゃんの部屋でだった。
お兄ちゃんは結局国を守る人になったんだけど、、、、、、、、

それはともかくとして、
具合がよくない間ベッドでごろごろとこちらを見てました。

グリフォン話は、正直マンガのほうが好き。
現場が正義で上部は悪という単純な書き方ではなくて
管理職だって本庁だって色々なんだよという見せ方がいいと思う。

その他、雪のロンドの公園は駒沢公園かなーとか、
二人の軽井沢はやっぱり好きだなーとか。

大人になってみる主人公のノアちゃんは、いいやつだな、と。
でも、好きなのは後藤隊長なんだけど。

こういう職業ものアニメは最近あるのかな?
TVがないので詳しくないけど、そのジャンルで面白いものがあればぜひ見たい。





| movie&TV | comments(0) | trackbacks(0)
クワイエットルームにようこそ

あらすじ:
28歳のフリーライター、佐倉明日香は、ある朝目覚めると見知らぬ白い部屋にいた。そこは「クワイエットルーム」と呼ばれる、女子専用の精神病院の閉鎖病棟。明日香はそこに来た理由を思い出せずにいたが、個性的な患者達と接し、次第に馴染み始める。



TSUTAYAの2本無料レンタルクーポンで借りてみた。
そういえば見てなかったな、と。
蒼井優好きなのに。

ぼんやり、少し他の作業もしながら見た。
まあ、普通に面白かったかな、と。

大竹しのぶは、やっぱり華があるなー・・・。
女優!!!!という感じがする。


うーん、あんまり感想が出てこないな。
日暮さんの局はやっぱり好き!

| movie&TV | comments(0) | trackbacks(0)
迷子の警察音楽隊
評価:
---
Nikkatsu =dvd=
¥ 2,653
(2008-06-13)
Amazonおすすめ度:

あらすじ:
カンヌ国際映画祭で異例の「一目惚れ賞」を受賞した心温まるコメディドラマ。文化交流のため、エジプトからイスラエルにやって来たアレクサンドリア警察音楽隊。だが空港に出迎えはなく、彼らは誤ってホテルすらない辺境の土地に到着してしまう。


エジプトの警察音楽隊がイスラエルで迷子に・・・
ということで、目的地に着くまでのロードムービーかな?と思って借りたら
とある町での一夜がメインで、
移動などはほとんど描かれていなかった・・・・。
まあ、それなりに面白かったからいいけど。

童貞の男子と女慣れしたエジプト警官のエピソードが好き。

そして何より、イスラエルの砂っぽい景色の中に
水色の制服の警官という絵がよかった。
これが撮りたくてこの映画作っちゃったのかなと思ったくらい。

| movie&TV | comments(0) | trackbacks(0)
俺たちフィギュアスケーター
評価:
---
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
¥ 996
(2009-11-27)
Amazonおすすめ度:

あらすじ:
男性ふたりがフィギュアスケートのペア種目に挑戦するコメディ。セクシーマッチョなチャズと、繊細で純情な天才美青年・ジミーが、ひょんなことからペアフィギュアに挑戦することになり…。“ハッピー・ザ・ベスト!”。


フィギュアの男子ペアものの映画。
くだらないギャグが満載で、ちょっといいお話でもあり
普通に楽しく見られた。

フィギュアに興味がなくても、明るい映画が見たいときにおすすめ。

| movie&TV | comments(0) | trackbacks(0)
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1
評価:
---
バンダイビジュアル
¥ 2,886
(2010-03-12)
Amazonおすすめ度:

「男なら黙ってガンダム」
というよく分からない奨めにしたがい、ガンダム最新作を見ました。

ガンダムをはじめて見たのは、25歳?26歳?
病床で知人に熱くすすめられてZZまで見たのですが、
結構面白かったけど、あまり細かいことまでは覚えてない・・・。
SFは好きだけど、ロボットに興味がないからかも。

次々出てくるロボットの名前も形もまるで覚えられず、
「えーと、これは、敵?味方?」
と人に聞いては、
「ガンダムはそんな二元論で語るアニメじゃない」
とか何とか怒られたりしてました。

というわけで、ロボットバトルは興味ないなあ・・・と思いながら見たら
予想以上に面白かった!
見せ方、かっこいいなー。
ただ、色んな勢力が出てくるのと、
過去の因縁などの大半を忘れているため
序盤は話についていくのがちょっとしんどかった・・・。

ジオンは敗北して、今は連邦(地球?)が主力だけど、
ゲリラもまだまだあって、財団は財団として栄華を極めていた、
というのが今のところの私の理解。

音響もかっこよかったなー。
最近、映画界はアニメの成功が目立つな〜。
コンテンツ商売の行く末は非常に非常に気になる問題ですが
とりあえずはガンダムってやっぱりすごいんだなー。
ロボットの良さははよくわからないけど、
何本もヒットシリーズを生み出す懐の深さはすごいと思います。

| movie&TV | comments(0) | trackbacks(0)
ルパン三世 the last job
評価:
---
バップ
¥ 3,730
(2010-03-17)
Amazonおすすめ度:

 ルパン三世のTVシリーズ最新作。
家事やレシート整理をしながらのながら見だけど、
それを差し引いても面白くない・・・・。
ドカン、バタンと大騒ぎだけで、物語としての面白さが感じられない。

そろそろ見るのをやめようかなー。
近年のルパンでいいなと思えたものがなさすぎる。。。

オープニング曲は相変わらずかっこよくてすき!

http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20100212/


| movie&TV | comments(0) | trackbacks(0)
紅の豚/となりのトトロ/ハイスクールミュージカル
評価:
宮崎駿,宮崎駿
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
¥ 3,729
(2002-03-08)
Amazonおすすめ度:

評価:
宮崎駿,宮崎駿,久石譲
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
¥ 3,546
(2001-09-28)
Amazonおすすめ度:

評価:
ドン・シェイン,ピーター・バルソッキーニ
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
¥ 2,569
(2007-05-23)
Amazonおすすめ度:

 連休に見た映画の感想メモ。

◆紅の豚
ジブリ映画で一番好き。
最初のシーン、入り方だけで「かっこいい・・・」ときゅんとなる。
やっぱり空を飛ぶ宮崎さんの映画はいいな。
一族の工場のエピソードも大好き。

本当はこの後延々と書いたけど、
説明するのも無粋だなと思ったので削除。


◆となりのトトロ
台詞がなんて少なくて、絵で見せるんだろう。
引越しのドキドキ感を体の動きや表情だけで
あれだけ表現するのかーと大人になってから思った。

猫バスの不気味なかわいさも秀逸。

後半のメイの事件のあたりではどうしても泣いてしまう。
そして祖父母の会いに行きたくなる。


◆ハイスクールミュージカル
妹が好きで、家にCDがあったなあ、くらいで長年見ていなかった。
ちょっと、趣味じゃなかった。
お父さんの変貌が唐突とか
ダンスが格好良く見えないとか
友人の明るさや素直さが一本調子で不気味だとか
なんだかもやもやもやもやして駄目だったなー。

本当、趣味の違いだと思われます。
好きな方、ごめんなさい!
もっと単純に、スカッと楽しく見ればいいのかなと思うんですが
できなかったです・・・。



| movie&TV | comments(0) | trackbacks(0)
サマーウォーズ
 周囲の評判がよかったので、そ巻きながら『サマーウォーズ』を見た。

学校のアイドル的美人な先輩から、
「私の彼氏の役をして」と頼まれる男子。
ひよわだけど、とあるジャンルでぬきんでた能力があって
ピンチでがんばっちゃう男子。

なんとなく、男性の先輩たちがいいと言っていた理由がわかりました(笑)
そういうこと、あったらいいなーなんて妄想することありますよね!
たぶんね!

アイドル女子の大勢の親戚たちの描写は、
わが親族を思い出させせるな。
冠婚葬祭で集まるとあんなかんじ。
ずらっと並ぶと誰が誰なの、と初めての人は必ず戸惑う。
一族郎党という言葉を身近に思える人生だ。
反対に、核家族というのがあまりイメージがわかない。
上京してからはずっと少数暮らしだけれど。

というわけで、ノスタルジックで、波乱もあって、
なかなか面白い映画だった。
いいなあ、高校生。
もう1回中学生くらいから勉強もデイかつもやり直してみたい。
なんて思うのは、都合の悪いことを忘れたせいかなー。
| movie&TV | comments(0) | trackbacks(0)

The Samantha Times

不定期に更新中の読書感想ブログです。

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
船に乗れ!〈1〉合奏と協奏
船に乗れ!〈1〉合奏と協奏 (JUGEMレビュー »)
藤谷 治
音楽青春小説。主人公の性格、2巻〜の音楽面以外での展開が好き嫌いの分かれ目かも。
村田エフェンディ滞土録 (角川文庫)
村田エフェンディ滞土録 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
梨木 香歩
異国で生活を書いた青春小説。淡々とした文がよりぐっとくる1冊。じわじわ好きになった。
霧のむこうのふしぎな町 新装版 (講談社文庫)
霧のむこうのふしぎな町 新装版 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
柏葉 幸子
『千と千尋の神隠し』の原作とも言われる児童文学ファンタジーの名作。小さいころから大好き。
西の善き魔女〈1〉旅立ちの巻
西の善き魔女〈1〉旅立ちの巻 (JUGEMレビュー »)
荻原 規子
荻原さんの異世界ファンタジー。お姫様あり、冒険あり、学園ものあり、世界の謎あり。ツボをつくまくる要素てんこもりなのに、おなかいっぱいにならずに楽しめるのはさすが。おすすめ。
うさぎドロップ (1) (FC (380))
うさぎドロップ (1) (FC (380)) (JUGEMレビュー »)
宇仁田 ゆみ
独身男性の家に女の子がやってくるお話。幼少編が最高だと思っていたら、高校編もぐっと面白みを増した今日この頃。
闇の守り人 (新潮文庫)
闇の守り人 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子
児童文学というくくりではなく、国内ファンタジーとしても最高峰ではないかと思う守り人シリーズ。父ジグロのエピソードが多く語られるこの巻が特に好き。
風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート (JUGEMレビュー »)
小野 不由美
ライトノベルという枠に押し込めるのはもったいない十二国記。中でも、女子3人が奮闘するこのお話が好き。責任、義務、権利、欲、勇気。筋を通す女子って格好いいと子供心に思ったけれど、それは今も変わらない。冊数が多いけど、全ておすすめ。
なんて素敵にジャパネスク (コバルト文庫)
なんて素敵にジャパネスク (コバルト文庫) (JUGEMレビュー »)
氷室 冴子
自分のお小遣いで初めて買った文庫本がこれ。平安時代が舞台のどたばたラブコメ。大好きだったなあ。
帝国の娘〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫)
帝国の娘〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫) (JUGEMレビュー »)
須賀 しのぶ
少女小説とは思えないハードな展開が続く大陸ファンタジー。めげても折れても一歩進み続ける主人公女子がすごい。須賀さん、大好きです。おすすめ。
チャリオンの影 上 (創元推理文庫)
チャリオンの影 上 (創元推理文庫) (JUGEMレビュー »)
ロイス・マクマスター・ビジョルド,鍛治 靖子
海外文学はあまり読まないけれど、これは楽しかった!お姫様の出てくる正統派ファンタジーなのに、個性的なキャラで他にないお話に。
放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)
放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
茅田 砂胡
陰謀野望ありの大陸ファンタジー。個性的なキャラクター、ダイナミックな展開、こういうファンタジーがとても好き!スピンオフがたくさんあるけど、やっぱり本編が一番。
サークルゲーム (1) (マーガレットコミックス (2764))
サークルゲーム (1) (マーガレットコミックス (2764)) (JUGEMレビュー »)
聖 千秋
聖さんの代表作ではないんだろうけど・・・すれ違いを描かせたら本当絶品だな、と思える。女子の嫉妬も、さすがの細やかさ。「あああー」と目いっぱいやきもきできるって幸せ。
岩館真理子自選集 (3) えんじぇる   集英社文庫―コミック版
岩館真理子自選集 (3) えんじぇる 集英社文庫―コミック版 (JUGEMレビュー »)
岩館 真理子
岩舘さんの描く、つかみどころのない女性キャラはすごい。色っぽくてわけわかんなくて、もろそうだけどしぶとくて、女という生き物そのものというかんじ。
ときめきトゥナイト (1) (集英社文庫―コミック版)
ときめきトゥナイト (1) (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
池野 恋
小学生のころからずっと好き。少女マンガのルーツはこれ、と言えるシリーズ。やっぱりランゼ編が一番だなー。
昴 (1) (ビッグコミックス)
昴 (1) (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
曽田 正人
青年誌連載のバレエマンガ。少女マンガとは違う手法で描きこまれる主人公の熱がすごい。1期のラストが微妙だけど・・・続編が再開して、今のところわりと面白いので安心した。
メイド諸君! (3) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
メイド諸君! (3) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス) (JUGEMレビュー »)
きづき あきら,サトウ ナンキ
食わず嫌いだったシリーズ。メイド喫茶の女の子にはまった男子のはなつ非地ことが強烈だった。。。妄想癖あり、好きだけど積極的に出られない男子は一読をおすすめ。可愛いメイドさんを愛でたい方は全力で回避してください。えぐられます。。。
Slam dunk―完全版 (#1) (ジャンプ・コミックスデラックス)
Slam dunk―完全版 (#1) (ジャンプ・コミックスデラックス) (JUGEMレビュー »)
井上 雄彦
説明不要の名作バスケマンガ。作者はこれが代表作と輪入れるのが好きではないと昔聞いたけど、やっぱりこのマンガの勢いは胸にくる。
プラネテス (1) (モーニングKC (735))
プラネテス (1) (モーニングKC (735)) (JUGEMレビュー »)
幸村 誠
SFマンガでおすすめを聞かれたらこれを出すことが多い。比較的女性でも読みやすいシリーズだし。特別好きなキャラクターは一人もいないのに面白いのは、お話そのものの力なんだろうな。
Yesterday、Yes a day (フラワーコミックス)
Yesterday、Yes a day (フラワーコミックス) (JUGEMレビュー »)
岩本 ナオ
恋愛一直線でない、どっかとぼけた雰囲気の少女漫画。これで2冊目なんだよなあ。勝田さんあたり好きな人はぜひ。新刊が待ち遠しい人です。
金魚のうろこ 〜田辺聖子原作シリーズ〜 (クイーンズコミックス)
金魚のうろこ 〜田辺聖子原作シリーズ〜 (クイーンズコミックス) (JUGEMレビュー »)
鴨居 まさね
鴨居さんも田辺さんもどっちもすき。これは二人の雰囲気がぴたっと嵌っててすごくよかった!女っぽいマンガです。でも二十歳を幾つか超えないと共感しづらい気はする。
パーマネント野ばら
パーマネント野ばら (JUGEMレビュー »)
西原 理恵子
食わず嫌いを久々に代反省した傑作マンガ。泣いて泣かせたあなたにこそ(?)おすすめ。もっと年くったら、さらに味わえそうな気がする。いいです。めちゃめちゃ。
ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス) (JUGEMレビュー »)
末次 由紀
カルタ部マンガ。少年漫画より熱いんじゃないかと思う・・・。笑えて、ぐっときて、きゅんとするところもある、至れり尽くせりなシリーズ。おすすめ!
のはらのはらの
のはらのはらの (JUGEMレビュー »)
雁 須磨子
片思いマンガベスト1かも。ボーイズラブは基本読まないんですが、これは名作!!!とぼけたかんじとキラキラ度のバランスが絶妙過ぎ。雁須磨子さん好きです〜〜〜。
夢みる頃をすぎても (小学館文庫)
夢みる頃をすぎても (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
吉田 秋生
海街ダイアリーとこれが特に好き。桜の園もかな。絵の雰囲気だけじゃなく、台詞まわしが絶妙。女子のきわどい感傷がほんとうまいな〜〜〜!
Daddy Long Legs
Daddy Long Legs (JUGEMレビュー »)
勝田 文
勝田さんの絵の可愛らしさがばっちりはまったリメイク。これはよかった!ジーヴスシリーズもいいけど、私はこちらを押す。
Landreaall 4 (4)
Landreaall 4 (4) (JUGEMレビュー »)
おがき ちか
3巻までの竜退治ネタも素敵ですが、ここからの学園+謀略劇ネタはツボ。ファンタジー好きとしてはずすと勿体ないマンガです。オススメ!
エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫)
エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
アメリカが舞台の古い少女マンガ。謎多き美少年シャールと一緒に暮らしているジェラール、翼。いつまでもこのままではいられないと分かっているからこその毎日と、冒険と恋がどれも胸を刺す。めちゃめちゃいい青春マンガだと思う。
LIFE
LIFE (JUGEMレビュー »)
小沢健二,小沢健二,服部隆之
誰かに恋をしたとき、好きな人とドライブするとき、なんとなくお風呂で、自転車こぎながら、色んなシーンで私とともにある音楽。次は小説で復活だとうわさの彼。。。
お気に入りブログRSS
ブログツール
フィードメーター - The Samantha Times あわせて読みたい
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode