スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
シンクロ!
ロシアのシンクロが好きだ。
好きというか、見るといつも圧倒される。

シンクロそのものは多くを語れるほど詳しくはない。
長く水泳をしているので、
水中であれだけの演技をするのがどれほど厳しいか少し想像できるくらいだ。
そんな素人でもわかるロシアの演技のすごさ!

手足の一振りがもう他国と違う。
圧倒的な迫力なのだ。
長さなのか間合いなのか・・・
見ているとこちらの肩にも力が入りそうなくらい力強い。
それでいて荒っぽいわけでなく。

ある時偶然TVで見て、ほうっとため息が出た。
それ以来、TVで大会が放送されれると見るようになった。
でも、熱心なファンではないので、
昨日も始まってしばらくやっていることに気づかなかったし
きっといくつか大会を見逃していると思う。
昨日は、ロシアの手前から見始めた。

後半戦、予選の上位通過組の演技。
ロシア、ウクライナ、日本、アメリカ、スペイン、その次は見損ねた。

西欧のチームはやっぱり日本人と体格が違う。
筋肉の付き方がきれいでいいなと思う。

ウクライナは化粧と衣装がださいのが気になった。
特に衣装、あれはどうなんだろう?

アメリカは迫力はいまいちだったけど、
プログラムは一番すきかも。
(見ていない国があるので、断定できないけど)
ラスベガスのショーの演出家が構成を担当しているとか。
なるほど!

日本は前見た時より好きなかんじのプログラムだった。
2位も納得のシンクロっぷりだったけど、
国民ながら、なぜかあんまり日本の演技に興味がわいてこない。

スペインは猫をイメージということで、
随所随所にかわいいポーズが入っていて、
このプログラムもわりと好き。

以上、初日の感想はこんなところです。
今週はしばらく夜はシンクロ観戦予定。
やっぱりロシアが楽しみです。

そして週末はサッカー!
ペルー戦です。
| sports | comments(0) | -
横浜ダービー
仕事の手を休め、ガンバVSアントラーズをTV観戦中なのだけど、
その合間を縫って昨日の横浜ダービーに付いて少し。

試合の一部しか見ていないのが残念!
行ったらよかったな〜!
チケットをまたもやただの紙くずにしてしまったことをとっても悔やむ。

カズ、、、すごいなあ。
すごい40代だ・・・。
特別ファンじゃなかったのに、ここまでくるともう感心する以外ない。

FC横浜は全体的に楽しそうにしてていいな。
わーいわーいとはしゃいでいるというのじゃなくて、
今試合が面白い、と集中している感じ。
層が薄そうだからけが人に気をつけて一年間戦ってほしい。
ちょっとだけ贔屓にしてます。
一番は柏だけど。
ああ、柏、6年ぶりの単独首位からはもう陥落だけど、
どうか今年は残留できますように。
それから、ガンバ優勝しないかな。
チームとしてはどうでもよかったけど、
年々柏化しつつあるので、、、
応援せざるを得ない。
いや、別にそんな義理も責任もないんだけど、
それでもそう思ってしまうのがファンの摂理。。。

ガンバVSアントラーズの途中経過。
いきなりヤスダ(ガンバの若手)退場を皮切りに、
鹿島側も一人退場、他にもカードがよく出る展開。
なんだかなー。
| sports | comments(2) | -
ゼロックススーパーカップ
4−0!
失点0って気持ちいいな。

ゼロックススーパーカップ、ガンバ大阪VS浦和レッズの話です。
去年、レッズに負け続けたガンバ。
ここ数年密かに柏化しつつあるガンバ。
(元柏監督の西野さんを筆頭に)

レッズの小野くんのプレーも好きだし(去年はぱっとしなかったけど)
千葉から移籍した阿部くんはどうなんだ?と気になるものの、、、
まあ、ここはやっぱりガンバかな、と。

スッキリ勝てて良かったです。

最近いい試合を見てなかったから。
セルティックVSミランは0−0だったし(無得点の試合は好きじゃない)
バルサは負けるし。。。
内紛のバルサ。
あ〜黄金時代はこうして終わってゆくのかなあ。

話があちこち飛びましたが、
そろそろ日本もサッカーシーズン。
うれしいぞ。
| sports | comments(0) | -
TOYOTAクラブワールドカップ
20061212_258854.jpg

珍しく体調が良かった昨日、クラブワールドカップ初戦を見に行った。
できればバルサの試合がよかったけど、
招待ですもの・・・あまり文句も言えず。



久しぶりのスタジアム!
爽快だった。
ぱあっと目の前に芝生のピッチが広がるだけで
何故あんなにも私の気持ちは晴れるのだろう?

前から3列目でとてもいい眺めだったな。
試合が面白かったらもっと良かったけど・・・。

結局、寒いのと体調悪化で途中退出した。
やっぱりまだ観戦できるほどの体力はないか。



おまけの写真(↑)。
連れが楽しみにしていたもつ煮込み、350円。
会場で売られている。
ジャンクな味でおすすめです。
あと、あったかいから冬場の観戦にはもってこいかと。

そういえばスタジアムへ行く道沿い(外苑前からの)に
フレッシュネスバーガーができていてびっくり!
これまでファーストキッチンしかなくて、
うーん微妙だ、、、と思っていたけど、
これからはベーコンオムレツバーガー食べながら観戦できるのね。
ステキ☆
| sports | comments(0) | trackbacks(0)
浦和が4億円で千葉・阿部獲り
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20061209&a=20061209-00000007-spn-spo

えー!
浦和?

驚きました。
阿部といえば、千葉のユースからの生え抜き。
村井がジュビロに移籍した時よりびっくり。
どうなるのか分からないけど、
浦和で彼の出番はあるのかな?
海外じゃなくて国内で移籍・・・うーん、どうなの、それ。

選択ミスをして、
中途半端な選手になってしまわないといいな。
| sports | comments(0) | trackbacks(0)
レイソルJ1昇格
一年でのJ1復帰。
よかった。

わたしがよく見に行った頃のチームとは変わってしまったけれど、
やっぱり嬉しい。
あの異様にピッチと近い、
自由席に椅子のない(かわりにバーがある)、
売店はあまりおいしくない、
住宅街の向こうにぽつんと立っているあのスタジアムと
地味なチームがすき。
かわいい、というか。

来年、初戦を見に行きたいな。
まだ調子っぱずれ(失礼)な応援歌はあるのだろうか?

ガンバは、、、残念。
でも、チームとしてあまり愛着が無いからな〜。
心底悔しがれない。
| sports | comments(0) | trackbacks(0)
最終決戦
今日はJリーグ最終節。

ガンバは、浦和と直接対決。
3点差で勝てば優勝。

柏は昇格がかかっている。

ドキドキする。
この瞬間だけは、痛みも悩みも吹っ飛んで、
ただのサッカーファンと化す。

| sports | comments(0) | trackbacks(0)
世界バレー男子
小さな頃から秋の夜はバレーボール(のTV観戦)。
荻野さんが未だ現役に感動する。
今回の大会、男子は、近年で一番面白いかも。
プエルトリコ戦もアルゼンチン戦もドキドキした。

アルゼンチン戦はサッカーのU21の韓国戦とかぶっていて
迷ったけど、試合内容が圧倒的にバレーボールの方がよくて
結局サッカーは合間にちょっと見ただけ。
ミョンボさんが韓国のコーチなのを知ったのが一番の収穫かな。

試合を見ながら、昔をふと思い出す。
一時期、文字通り血反吐をはくようなトレーニングをしていた。
ちなみに何故血まで混じったかというと、
口の中がきれていたから。

試合に勝つあの快感は未だはっきり私の中に残っている。
片手間じゃ得られないものだったと思う。
| sports | comments(0) | trackbacks(0)
混戦
J1順位表
順位 チーム名 勝点
1 浦和レッズ 65
2 ガンバ大阪 62
3 川崎フロンターレ 61


J2順位表
順位 チーム名     勝点
1 横浜FC     86    
2 柏レイソル   85
3 ヴィッセル神戸 84


優勝争いのみ書いてみた。
現時点での順位です。
去年は降格争いの所ばかり見ていたのに・・・。
今年はいい年なんだなあ、と改めて実感した。

週末、先週一位だった浦和が名古屋に破れ、
二位のガンバは千葉に勝ち、
三位の川崎も福岡に勝った。
その結果、順位は変わらないものの、勝ち点差は縮まり、
3チームとも優勝の可能性が残っている。

J2は、首位だった神戸と横浜が直接対決をして横浜が勝ち、
三位だった柏は仙台を下した。
結果、こちらは順位が入れ替わり、
勝ち点差がそれぞれ1という状態。

Jリーグは一試合勝つと勝ち点が3、引き分けが1、負けると0が加算される。
残りの試合数はJ1、J2共に3試合。
どこが優勝するか分からない。

こういう展開はとてもすき!
あ、でも、柏には余裕で首位独走ってシナリオでもよかったけど、、、
やっぱり混戦になると
「今節はどうなんの〜!」
と気になって仕方ない。
贔屓のチームの優勝のために、
日頃はどうでもいいチームを応援したり
(優勝争い中のライバルチームの対戦相手を応援する)
他会場の状況にもドキドキしてしまう。

あと少し。
今年も楽しいゲームが続きますように。
そして、柏が昇格しますように。
ガンバとダブル優勝したら素敵!

| sports | comments(0) | trackbacks(0)
家族でTV観戦
昨日は、家族でサッカーとバレーボールをTV観戦。
ああ、とか、うう、とか、声をもらしつつ。

サッカーは、前半は特に楽しかった。
ボールが動くスピードがいつもより早い感じ。
明らかなミスも目についたものの・・・
いいリズムでの展開というのを何分間か見せてもらったな、と。

一つびっくりしたのは、巻がよく走ってたこと。
点をとっていないからバッシングもありそうだけど、
この試合に限っては、よかったと思う。
我那覇と連動して、スペースを作っていたし。
と書いてみたけれど、もともとそんなに巻が好きな訳でもない。
嫌いでもなくて、あまり興味が無い。

バレーボールについて。
高橋みゆきは松下由樹に似ているといつも思う。
気の強さが顔にも思い切り出ている感じ。
覇気がないと言われがちな私には少しうらやましいような。
同い年なんだと今更気がついた。

ゆっくり過ごしています。
お仕事している人たちに申し訳なく感じるくらいに。
昼間は、添い寝というなの昼寝をしたり・・・。

いつまでこうしていればいいのか。
とゆーか、こうしてていいのか?

とりあえず、家族のありがたみをひしひし感じている今日この頃。




過去記事の見方
ページの左下、
本当に本当の左の下に、小さく
「◯/××PAGES>>」
と表示されています。
この「>>」をクリックして下さい。
| sports | comments(0) | trackbacks(0)

The Samantha Times

不定期に更新中の読書感想ブログです。

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
船に乗れ!〈1〉合奏と協奏
船に乗れ!〈1〉合奏と協奏 (JUGEMレビュー »)
藤谷 治
音楽青春小説。主人公の性格、2巻〜の音楽面以外での展開が好き嫌いの分かれ目かも。
村田エフェンディ滞土録 (角川文庫)
村田エフェンディ滞土録 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
梨木 香歩
異国で生活を書いた青春小説。淡々とした文がよりぐっとくる1冊。じわじわ好きになった。
霧のむこうのふしぎな町 新装版 (講談社文庫)
霧のむこうのふしぎな町 新装版 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
柏葉 幸子
『千と千尋の神隠し』の原作とも言われる児童文学ファンタジーの名作。小さいころから大好き。
西の善き魔女〈1〉旅立ちの巻
西の善き魔女〈1〉旅立ちの巻 (JUGEMレビュー »)
荻原 規子
荻原さんの異世界ファンタジー。お姫様あり、冒険あり、学園ものあり、世界の謎あり。ツボをつくまくる要素てんこもりなのに、おなかいっぱいにならずに楽しめるのはさすが。おすすめ。
うさぎドロップ (1) (FC (380))
うさぎドロップ (1) (FC (380)) (JUGEMレビュー »)
宇仁田 ゆみ
独身男性の家に女の子がやってくるお話。幼少編が最高だと思っていたら、高校編もぐっと面白みを増した今日この頃。
闇の守り人 (新潮文庫)
闇の守り人 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
上橋 菜穂子
児童文学というくくりではなく、国内ファンタジーとしても最高峰ではないかと思う守り人シリーズ。父ジグロのエピソードが多く語られるこの巻が特に好き。
風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート (JUGEMレビュー »)
小野 不由美
ライトノベルという枠に押し込めるのはもったいない十二国記。中でも、女子3人が奮闘するこのお話が好き。責任、義務、権利、欲、勇気。筋を通す女子って格好いいと子供心に思ったけれど、それは今も変わらない。冊数が多いけど、全ておすすめ。
なんて素敵にジャパネスク (コバルト文庫)
なんて素敵にジャパネスク (コバルト文庫) (JUGEMレビュー »)
氷室 冴子
自分のお小遣いで初めて買った文庫本がこれ。平安時代が舞台のどたばたラブコメ。大好きだったなあ。
帝国の娘〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫)
帝国の娘〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫) (JUGEMレビュー »)
須賀 しのぶ
少女小説とは思えないハードな展開が続く大陸ファンタジー。めげても折れても一歩進み続ける主人公女子がすごい。須賀さん、大好きです。おすすめ。
チャリオンの影 上 (創元推理文庫)
チャリオンの影 上 (創元推理文庫) (JUGEMレビュー »)
ロイス・マクマスター・ビジョルド,鍛治 靖子
海外文学はあまり読まないけれど、これは楽しかった!お姫様の出てくる正統派ファンタジーなのに、個性的なキャラで他にないお話に。
放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)
放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
茅田 砂胡
陰謀野望ありの大陸ファンタジー。個性的なキャラクター、ダイナミックな展開、こういうファンタジーがとても好き!スピンオフがたくさんあるけど、やっぱり本編が一番。
サークルゲーム (1) (マーガレットコミックス (2764))
サークルゲーム (1) (マーガレットコミックス (2764)) (JUGEMレビュー »)
聖 千秋
聖さんの代表作ではないんだろうけど・・・すれ違いを描かせたら本当絶品だな、と思える。女子の嫉妬も、さすがの細やかさ。「あああー」と目いっぱいやきもきできるって幸せ。
岩館真理子自選集 (3) えんじぇる   集英社文庫―コミック版
岩館真理子自選集 (3) えんじぇる 集英社文庫―コミック版 (JUGEMレビュー »)
岩館 真理子
岩舘さんの描く、つかみどころのない女性キャラはすごい。色っぽくてわけわかんなくて、もろそうだけどしぶとくて、女という生き物そのものというかんじ。
ときめきトゥナイト (1) (集英社文庫―コミック版)
ときめきトゥナイト (1) (集英社文庫―コミック版) (JUGEMレビュー »)
池野 恋
小学生のころからずっと好き。少女マンガのルーツはこれ、と言えるシリーズ。やっぱりランゼ編が一番だなー。
昴 (1) (ビッグコミックス)
昴 (1) (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
曽田 正人
青年誌連載のバレエマンガ。少女マンガとは違う手法で描きこまれる主人公の熱がすごい。1期のラストが微妙だけど・・・続編が再開して、今のところわりと面白いので安心した。
メイド諸君! (3) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
メイド諸君! (3) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス) (JUGEMレビュー »)
きづき あきら,サトウ ナンキ
食わず嫌いだったシリーズ。メイド喫茶の女の子にはまった男子のはなつ非地ことが強烈だった。。。妄想癖あり、好きだけど積極的に出られない男子は一読をおすすめ。可愛いメイドさんを愛でたい方は全力で回避してください。えぐられます。。。
Slam dunk―完全版 (#1) (ジャンプ・コミックスデラックス)
Slam dunk―完全版 (#1) (ジャンプ・コミックスデラックス) (JUGEMレビュー »)
井上 雄彦
説明不要の名作バスケマンガ。作者はこれが代表作と輪入れるのが好きではないと昔聞いたけど、やっぱりこのマンガの勢いは胸にくる。
プラネテス (1) (モーニングKC (735))
プラネテス (1) (モーニングKC (735)) (JUGEMレビュー »)
幸村 誠
SFマンガでおすすめを聞かれたらこれを出すことが多い。比較的女性でも読みやすいシリーズだし。特別好きなキャラクターは一人もいないのに面白いのは、お話そのものの力なんだろうな。
Yesterday、Yes a day (フラワーコミックス)
Yesterday、Yes a day (フラワーコミックス) (JUGEMレビュー »)
岩本 ナオ
恋愛一直線でない、どっかとぼけた雰囲気の少女漫画。これで2冊目なんだよなあ。勝田さんあたり好きな人はぜひ。新刊が待ち遠しい人です。
金魚のうろこ 〜田辺聖子原作シリーズ〜 (クイーンズコミックス)
金魚のうろこ 〜田辺聖子原作シリーズ〜 (クイーンズコミックス) (JUGEMレビュー »)
鴨居 まさね
鴨居さんも田辺さんもどっちもすき。これは二人の雰囲気がぴたっと嵌っててすごくよかった!女っぽいマンガです。でも二十歳を幾つか超えないと共感しづらい気はする。
パーマネント野ばら
パーマネント野ばら (JUGEMレビュー »)
西原 理恵子
食わず嫌いを久々に代反省した傑作マンガ。泣いて泣かせたあなたにこそ(?)おすすめ。もっと年くったら、さらに味わえそうな気がする。いいです。めちゃめちゃ。
ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス) (JUGEMレビュー »)
末次 由紀
カルタ部マンガ。少年漫画より熱いんじゃないかと思う・・・。笑えて、ぐっときて、きゅんとするところもある、至れり尽くせりなシリーズ。おすすめ!
のはらのはらの
のはらのはらの (JUGEMレビュー »)
雁 須磨子
片思いマンガベスト1かも。ボーイズラブは基本読まないんですが、これは名作!!!とぼけたかんじとキラキラ度のバランスが絶妙過ぎ。雁須磨子さん好きです〜〜〜。
夢みる頃をすぎても (小学館文庫)
夢みる頃をすぎても (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
吉田 秋生
海街ダイアリーとこれが特に好き。桜の園もかな。絵の雰囲気だけじゃなく、台詞まわしが絶妙。女子のきわどい感傷がほんとうまいな〜〜〜!
Daddy Long Legs
Daddy Long Legs (JUGEMレビュー »)
勝田 文
勝田さんの絵の可愛らしさがばっちりはまったリメイク。これはよかった!ジーヴスシリーズもいいけど、私はこちらを押す。
Landreaall 4 (4)
Landreaall 4 (4) (JUGEMレビュー »)
おがき ちか
3巻までの竜退治ネタも素敵ですが、ここからの学園+謀略劇ネタはツボ。ファンタジー好きとしてはずすと勿体ないマンガです。オススメ!
エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫)
エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
アメリカが舞台の古い少女マンガ。謎多き美少年シャールと一緒に暮らしているジェラール、翼。いつまでもこのままではいられないと分かっているからこその毎日と、冒険と恋がどれも胸を刺す。めちゃめちゃいい青春マンガだと思う。
LIFE
LIFE (JUGEMレビュー »)
小沢健二,小沢健二,服部隆之
誰かに恋をしたとき、好きな人とドライブするとき、なんとなくお風呂で、自転車こぎながら、色んなシーンで私とともにある音楽。次は小説で復活だとうわさの彼。。。
お気に入りブログRSS
ブログツール
フィードメーター - The Samantha Times あわせて読みたい
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode